26年の信頼と実績|患者様に「ありがとう」と言ってもらえる医院を目指して

     痛風と低体温

投稿日:2014年11月6日

こんにちは一宮の岩田接骨院です。

痛風!よく耳にする病気です。一昔前は「贅沢病とか金持ち病」

とも呼ばれていました。近年は豊食の時代!普通に誰にでも

発症の危険性は伴っています。鶏肉 レバー うなぎ 魚介類

そしてアルコールが関係します。これらの食品に多く含まれる

プリン体が体内に入り血液中の尿酸値を上げます。それにより

高尿酸血症という状態になり、その尿酸が関節にこびり付き

足の親指の付根あたりに激痛を発します。

健康な人には普通に尿酸を排泄する機能が備わっています。

しかし痛風の人にはその機能が乏しく尿酸が蓄積します。

痛風の人はスーパー銭湯などの温泉サウナを好みます。

何故なら低体温だからです。データー的にも痛風患者さんの低体温は

立証されています。

からだを温める!頼りない言葉ですが、これがこれが全く重要なのです。

ここまで言えばもうお解りですね。当院のテラヘルツ温熱免疫療法

が最適です。一度お試しになったらいかがでしょうか。